荒井文扇堂

所在地 雷門店(本店)…東京都台東区浅草1-20-2
仲見世店…東京都台東区浅草1-30-1
電話 雷門店(本店)…03-3841-0088
仲見世店…03-3844-9711
営業時間 10:00〜18:00
定休日 20日過ぎの月曜日(月1回)

ただし、仲見世店の方では投扇興は扱っていなかったと思います。雷門を入ってすぐ左折し、一本裏道にある本店の方に行ってください。

投扇興のお道具の価格:k【2017年9月29日現在
枕、蝶1個、扇5本、得点絵図、「投扇興の栞」からなるセットなら2万5千円
バラ売りの場合、いずれも税込みで
 扇  1本    1,950円 (5本で9,750円)
 蝶  1個    4,100円
 枕  1箱   13,000円

セットには「投扇興の栞」や得点表がついてきますが、それだけのばら売りはしていません。また、2000年の5月から銘定が40種に拡張されましたが、こちらはもしかしたら、まだ26種のままかも。
機会があったら確認しておきます。

ちなみに、春か秋の大会で優勝すると、賞品としてここの道具一式を頂けることがあります。それを目指して頑張ってみるのも励みになっていいかと思います。それまでは、浅草の例会にせっせと通えば、会場に枕も扇も用意されてますからね。
でも、上達の早道は、なるべく早い時期に共同購入ででも自前で道具を揃えて、どんどん練習することです。

追記
2003年の春の大会の折に、前年度の団体優勝の賞品として頂いた投扇興セットを確認しましたところ、付属の得点表は40種の銘定の版に代わっていました。


なお、セット購入の場合もバラで買う場合も、蝶や枕の絵柄は自由に選ばせてくれます。蝶は原色系もあれば綺麗な錦絵のものもあり、どれにするかはお好み次第です。
枕は花の絵が描かれているのが多く、桜、藤、アジサイ、柳、ススキと月、椿、牡丹、菖蒲、菊、四季の花などの種類があります。また、山を背景とした月の絵とか、ウサギの絵が描かれている物も見たことがあります。
私が所有しているのは野菊の絵なのですが、個人的に藤の花が大好きなので、いつか買えたら…とひそかに願っています。