個人戦40投…313点(2001.08.29)

浅草の1試合は1人10投ですが、段級位の認定対象となるのは連続4試合分、つまり40投の総得点を使います。また、大会でも4試合の勝敗だけで決着がつかない時は、総得点の上下で順位を決めることがあります。
その40投の総得点では、どれくらいの高得点記録があるのか…参考までに、2級は60点以上、1級と初段は70点以上(ただし、継続が条件)、二段は85点以上、三段は100点以上というのが目安。達人になると、150点台以上を安定して出す人もいるのですが…。

ベストテンは現在のところ、次のようになっています。なお、赤い字は女性です。

順位 得点 名前 日付
313 三島 融さん 2001.08.29
298 館長へーすけさん 2002.09.21
297 にょい坊さん 2003.06.14
293 館長へーすけさん 2005.03.05
284 Domi さん 2017.08.05
282 館長へーすけさん 2003.06.14
281 Domi さん 2007.12.15
280 Domi さん 2014.10.04
278 ヘヴンさん 2008.11.08
10 277 バンマスさん 2004.09.09

21世紀最初の年、2001年夏に、「赤坂連」さんの例会で驚異的な記録が生まれました。40投で何と313点!!つまり、1試合10投の平均が78点強です。達成者は三島融さん。

内訳は、76点、71点、98点、68点。しかも、これだけ高得点が連続していても、最後の試合は1点差で負けて全勝ではなかったんだとか(どういう連なんだ〜!?(^_^;))。
その詳細は次の通りです。なお、実際に投げた順ではなく点数順です。
50点の篝火だとか35点の蓬生だとか、そういう「ラッキーな技」が1つもありません。ただ一つ、18点の「空蝉」の特殊状態で15点増しの33点というのがあったそうですが、他は澪標と帚木と8点技が中心で、まさに空前の絶好調だったようです。8点技といっても薄雲・賢木・宿木(これは珍しい)・柏木(これはまぁラッキーか)ばかりで、何となく拍子抜けな感じの「若菜下」がないのが、やはり好調さを物語っていると言えるでしょう。

1席目 関 屋 行 幸 夕 顔 須 磨 須 磨 宿 木 薄 雲 薄 雲 明 石 帚 木 合 計
15 15 76点
2席目 花散里 紅葉賀 紅葉賀 薄 雲 薄 雲 薄 雲 薄 雲 柏 木 澪 標 澪 標 合 計
11 11 71点
3席目 花散里 花散里 総 角 須 磨 朝 顔 薄 雲 澪 標 澪 標 帚 木 空 蝉 合 計
11 11 15 33 98点
4席目 手 習 手 習 行 幸 総 角 須 磨 賢 木 薄 雲 澪 標 澪 標 帚 木 合 計
11 11 15 68点

澪標と帚木を中心に全試合とも2桁得点の「大技」が2つ以上。
そして300点を越える決め手となったのは、昨年から導入された空蝉の但し書き「扇が蝶に支えられ、枕に触れていなければ15点増し」が現われたことでした。
最後の試合は寺菴さんに1点差で負けたそうですが、それまでは一度もなかった手習が2つあっただけで、これらが花散里であったら4戦全勝となった所でした。しかも、上の「空蝉の加点」がなく単なる空蝉だったとしても、ちょうど300点になっていたわけですね。


(2008年6月21日)
この日のじゃが連例会で、石橋俊彦さんが1試合目に80点(澪標4つ!)、さらに2試合目に86点(澪標3つに若紫2つ!)と、たった2試合で166点をたたき出し、「このまま行ったら7年ぶりの300点台達成か!?」と期待が高まりました。
3試合目はちょっと調子が落ちたものの48点で早くも214点、最後にまた86点を出せれば…と注目を集めた4試合目は、なんと達人の石橋さんが初の野分!を出してしまってわずか22点どまり(^_^;)。40投トータルは236点で終わってしまいました。


(2002年9月21日)
赤坂で行なわれた瓦落多連の例会で、館長へーすけさんがもうちょっとで300点に手が届く298点!!の大記録! 内訳は、
  106点  /  80点  /  50点  /  62点  
1試合目に真木柱と蓬生が出て106点!! さらに続く2試合目にも蓬生が出て80点という展開にも恵まれ、しかも8月末から一ヶ月足らずの間に7回も200点を越えるという絶好調が重なって、この素晴らしい記録が生まれました。


(2003年6月14日)
赤坂連さんの例会において、瓦落多連のにょい坊さんが、297点を記録しました! これは女性の最高記録となります。
内訳は、1試合目から順に
  101点  /  84点  /  80点  /  32点  
で、最初に「空蝉の加点で33点」が2つ!も出たために10投100点越えを達成! その後も80点以上が続いた(どちらも、やはり空蝉加点を含んでいます)のですが、それだけに最後の32点が惜しまれます。あとたった3点で、300点台のチャンスを逃してしまいました。

同じ日、館長へーすけさんは、282点を記録しています。こちらの内訳は、
  36点  /  112点  /  82点  /  52点  
で、「少女2つと澪標」による、10投の最高記録を含んでいます。


(2005年3月5日)
瓦落多連さんの合宿において、館長へーすけさんが293点を記録しました! これにより、今日現在、ベストテンのうちの半分を独占したことになります!
内訳は、1試合目から順に
  84点  /  56点  /  86点  /  67点  
で、「少女」や「蓬生」が効いています。
念願の300点まであと7点でしたが、こういう絶好調の時でも花散里が4つ(さすがに手習は1つもなかったそうです)。4つのうち2つほど夕霧とかになっていたら…なかなか甘くはないものですね。


(2017年8月5日)
じゃが連の例会で、Domiさんが自己ベストを更新する284点を記録しました。 内訳は、1試合目から順に
  58点  /  43点  /  78点  /  105点  
で、2試合続けて少女を出したり、少女と空蝉加点を連発するなど派手な大技を頻発しました。しかし花散里や手習もちらほらあったために、10投も40投も新記録を出すチャンスを逃してしまいました。


(2007年12月15日)
ゲームサークルJAGAの例会で、Domiさんが281点を記録しました。 内訳は、1試合目から順に
  61点  /  95点  /  79点  /  46点  
で、「少女」や「横笛」が効いています。
3試合目の時点ですでに235点に達しており、あと65点で史上2人目の「300点台」に届くところでしたが、さすがに気負ってしまったか4試合目は澪標すら1つもない低調に終わってしまいました。


(2014年10月4日)
じゃが連の例会で、Domiさんが当時の自己ベストまであと1点と迫る280点を記録しました。 内訳は、1試合目から順に
  65点  /  84点  /  54点  /  77点  
で、最も低かった54点の試合は大技がなかったものの、他の3試合のうち2試合は澪標が3つずつ、もう1試合は「澪標と桐壺の連発」が出ました。でも、蓬生や真木柱といった30点以上の大技は1つもないのが光ります。


(2008年11月8日)
瓦落多連さんの合宿において、ヘヴンさんが278点を記録しました。内訳は、1試合目から順に
  62点  /  74点  /  69点  /  73点  
で、1試合目は「須磨が6つ」もあった割りには大技なし! そのあとも2試合目は「澪標3つ」、3試合目は「澪標2つと桐壺」、4試合目は「澪標4つと若紫」という具合にとにかく絶好調で、30点以上の大技なしでこの点数というのは素晴らしいですね。


(2004年9月9日)
シアターPOOで行なわれた練習試合で、瓦落多連のバンマスさんが、ものすごい安定度で277点の試合を見せてくれました。内訳は
  65点  /  58点  /  58点  /  96点
で、この内容の素晴らしさは、「偶然性の高い30点以上の大技が1つもない」点にあります。
最初の3試合は、いずれも澪標が1つあるだけ。とにかく薄雲や柏木、朝顔がやたらと多いのです。そして4試合目は、「澪標4つ、帚木、若紫」と、実に大技が6つ! しかし、40投を通じて、蝶が立ったのは、その若紫のわずか1回だけなのです。
もしこれが蓬生とか浮舟とかだったら…史上2人目の300点台もありえたのに実にもったいないですが、言い換えれば、最高レベルの実力を如実に表わした結果でした。


(2003年11月1日)
赤坂連さんの例会において、瓦落多連の館長さんが、273点を記録しました。内訳は
  65点  /  69点  /  67点  /  72点  
です。特別な大技というのは「空蝉の加点」が1つ出たくらいで、あとは澪標や8点技などの積み重ねです。この日の時点でこの記録は第5位で、ベストテンのうちの4つまでを彼が記録しています。


(2009年10月3日)
じゃが連さんの例会において、じゃが連の石橋俊彦さんが、ハイスコアを更新する273点を記録しました。内訳は
  59点  /  74点  /  46点  /  94点  
です。最後の試合は私が相手だったのですが、蓬生と澪標を連発されてしまい、さらに澪標をもう一発でダメ押し! しかも10投も澪標になりかかった扇が落ちて行幸になってしまったので、そのまま澪標になっていたら101点になっていた所でした(^_^;)。
2試合目の74点もすごいんですが、大技は澪標2つと早蕨があるだけで、特に蓬生のようなラッキーな大技がないのに70点台が出てしまうのがすごいです。


(2002年10月5日)
牛鳴連さんの例会において、瓦落多連のヘヴンさんが、271点を記録しました! 内訳は、
  78点  /  102点  /  54点  /  37点  
で、10投100点越えがあったことが大きかったですね。何しろ「少女と蓬生の連発!」があったんですから(゚Д゚;)。


(2007年10月13日)
瓦落多連さんの例会において、瓦落多連のヘヴンさんが、269点を記録しました! 内訳は、
  81点  /  48点  /  66点  /  74点  
で、10投81点と74点は大技がそれぞれ蓬生1つだけ、他の48点と66点の試合は澪標が1つあるだけです。つまり、4試合ともそれ以外の各9投がメチャクチャ調子良かったということを示しています。


(2005年5月26日)
浅草の振興会例会において、瓦落多連のヘヴンさんが、268点を記録しました! 内訳は、
  68点  /  55点  /  53点  /  92点  
で、10投92点というのが光っています。これは「鈴がからんだ真木柱」によるものでした。他の3試合も全て50点以上だったため、この高得点につながりました。

あと、達成後2年経ってから伺った情報ですが、2001年の秋に都内で行なわれた揚羽連さんの例会で、268点という記録が出たそうです。残念ながら経過の詳細までは記録に残っていないそうですが、貴重な女性の記録ということもあり、さっそくランキングに追加させていただきました。


ここから下は、最近までベストテンだった記録の詳細です。11位以下になってしまったにしては、せっかく書いた詳細がもったいないというか、ぜひ伝えておきたい内容ばかりなので…。
2005年5月26日、とうとう260点もベストテン圏外になってしまいました。


(2003年6月5日)
新宿のシアターPOOにて、瓦落多連の館長へーすけさんが、260点を記録しました!
内訳は、1試合目から順に  65点  /  79点  /  68点  /  48点  だったそうで、波の少ない平均的な取り方である点が素晴らしいですね。
ちなみに同じ日、バンマスさんも女性としては第2位の記録となる、243点を出しています。こちらの内訳は、 42点 / 58点 /  73点 / 70点 だったそうで、今まで出したことがなかった70点台が一気に2試合も続いて出たそうです。決して偶然ではなく、ここのところ絶好調が続いています。


(2004年5月23日)
じゃが連の石橋さんが、258点を記録しました!
内訳は、1試合目から順に  44点  /  52点  /  104点  /  58点  で、やはり3桁得点が大きいですね。
今年の2つの目標、つまり「10投で3桁得点」と「40投でベストテン入り」の両方を、一気に達成できたのだそうです。

(2006年2月19日)
じゃが連の石橋さんが、上記の自己記録を更新する259点を記録しました!
内訳は、1試合目から順に  61点  /  77点  /  48点  /  73点  ですが、この記録の素晴らしい所は、「澪標以外の大技が1つもない」という点です。
1試合目と3試合目はそれぞれ1つずつで、2試合目は澪標が4つ、そして4試合目は何と澪標5つ! 40投のうち11回も澪標になったそうです。


(2002年5月28日)
浅草での例会において、赤坂連の林 義寿さんが、255点を記録しました! こういった高得点記録は、たいてい支部の例会であることが多いものですが、隔月の浅草見番での例会で出した、いわば「公式認定記録」である点が貴重です。
内訳は、1試合目から順に  69点  /  47点  /  62点  /  77点  だったそうで、4試合目は1投目で蓬生が出たそうですが、かと言って他の試合より極端に点数が高いわけでもないですね。ずっと安定して高得点だったことがわかります。
林さんはこの日の例会では全段優勝し、また直後の「第1回帝の会」でも優勝、半年前の「お正月の会」でも優勝しているなど、絶好調でした。


(2016年10月2日)
じゃが連の例会において石橋俊彦さんが、242点を記録しました!
しかしこの40投のすごい所は得点自体ではなく、40投で1回もミスがなかったことです。
つまり、(野分はもちろん(笑))手習も花散里も関屋も藤袴も全くなく、40投のうち実に38投までが4点以上! 残りの2投が末摘花だったのがちょっと残念でした。
しかし、大技も澪標が3回あった(1試合目に2回、4試合目に1回)だけで、2試合目と3試合目は大技はなく、それでも4試合とも50点台後半以上。8点の薄雲や柏木などが頻発すると、大技がなくてもこれだけの高得点になるということで、「ノーミス」というのがいかにすごいかがよくわかります。


20世紀までは(笑)、私の知っている範囲の最高得点は、248点でした。つまり、1試合平均が62点という、こちらも化け物のような記録です。達成したのは其扇庵翔遊さん(しかし、今となってはベストテン圏外となってしまいました)。
この時は、「蓬生」35点もあるにはあったのですが、別に50点技があったわけでもなく、本当に1投1投全てが安定していました。澪標や薄雲、朝顔など高めの点数が積み重なると、こういう大記録が生まれます。
次の記録が、同じ其扇庵翔遊さんの247点!この1点更新に1年半かかっており、達成した時は嬉しそうでした。その後は250点を目標にしておられますが、よほど絶好調でないとなかなか達成は難しいようです。以下、239点、234点、232点と、この方が上位を独占しています。
私の周囲だけでも200点越えは30回近く出ており、私こと其扇庵匠胡自身も229点、214点、204点の3回達成しています。

こうして見ると、40投の点数と腕前の関係は、ボウリングの1ゲームの得点に近い感覚がありますね。ボウリングのプロは、安定して190点とか200点台を出せないといけないようですが、投扇興の40投でそこまで安定して上手な人というのは、ごく短期間はともかく、なかなか現われないようです。
しかし、まさか250点どころか、ボウリングなら「パーフェクト」の300点を越える点数が実際に達成可能だとは…。この目で見たかったですね。

全くの余談ですが、私は20代の後半にボウリングに熱中していた時期がありまして、その頃のアベレージは150点、ハイスコアは224点でした。かろうじて投扇興の40投のハイスコアの方が高いかな(笑)。
しかし、その224点の時はストライク6連発とかがあったんですが、それでもオープンフレームがあったのです。同じように、投扇興のハイスコアを出した時も、「手習なし」の試合がなかったような…。何をやっても、私は詰めが甘いんですよね…(^_^;)。


200点以上の高得点記録で、惜しくもベストテンには入らなかった分については、かなりの数にのぼりますのでページを分けました。
こちらをご参照ください。なお、そちらでは順位は省略しました(何しろしょっちゅう入れ替わるもんで)。

なお、瓦落多連の館長へーすけさんは、2003年9月から2005年7月まで23ヶ月連続で200点以上を達成するという大記録を続けていましたが、ちょうど丸2年となる2005年8月は3回ほどのチャンスがあったものの不調に陥ってしまい、とうとうその記録が途切れてしまいました。
どんなに実力のある人でも、ここまで安定して高得点を出し続けることは誠に至難であり、今後この記録を塗り替える人は現われないかもしれません。

私は自分の所属連を中心に、1995年以降しか把握していませんので、以前は他の方がもっと高得点を出していたかもしれません。
情報をお待ちしています。